カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未知との遭遇「2010年宇宙人の旅」代表選に絡み表舞台に登場する・・・春秋 八葉蓮華

 1968年に公開された米映画「2001年宇宙の旅」はSFの名作と評される。ストーリーの難解さでも群を抜く

 16年後には続編が作られた。続編の原作の題は「2010年宇宙の旅」。2010年、日本国民は似て非なる旅を目撃した。民放テレビが「2010年宇宙人の旅」と名づけて面白おかしく紹介していたのを思い出す

 宇宙人は当時の首相鳩山由紀夫氏を指す。自他ともに認めていた。米軍普天間基地の移設先を探す旅だった。米国のグアム・サイパンや鹿児島県徳之島などを巡って結局は沖縄に戻った

 「国外、最低でも県外」と見えを切っていた手前、待っていたのは退陣だった。今期限りでの政界引退も口にしたが、民主党代表選に絡み表舞台に登場する場面が増えた。この人らしい「?」も付く。「2010年宇宙人の旅」はまだ続いているようだ

 代表選の投開票は来月14日。鳩山氏が菅直人首相の代表再選を支持すると明言したのは、今月17日のことだった。9日後のきのう、小沢一郎前幹事長を支持すると表明した。小沢氏を応援するのが「大義」とも語った

 宇宙語のようにも聞こえる。どこがどうなってそうなったのやら。「2010年宇宙人の旅」のストーリーの難解さは名作「2001年宇宙の旅」にも負けていない。顧みれば民主党政権は国民にとって、ある意味、未知との遭遇でもあった。この1年でSF色を増したのだろうか。

春秋 西日本新聞 2010年8月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/458-a04482e5

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。