FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命令書への署名をためらわない人「職責」信念に従って署名を拒み続けた人・・・春秋 八葉蓮華

 9年前の夏のことだった。強盗サツ人罪などの被告にシ刑判決を言い渡した宮崎地裁の裁判長は、途中から涙声になって控訴を勧めた。極刑を下す者の苦悩の深さを物語る

 判決が確定したシ刑囚に対する執行命令書との向き合い方は、法務大臣によって違う。職務にのっとって命令書への署名をためらわない人がいた。信念に従って署名を拒み続けた人もいた

 現在の千葉景子法相は後者だろうと思われた。昨年秋に就任するまでは「シ刑廃止推進議員連盟」のメンバーだった。きのう2人のシ刑を執行した。記者会見では「職責」と語った。極めて異例ながら執行にも立ち会った

 波紋は一通りでない。廃止推進役とされた人がなぜ、という驚き、失望がある。千葉氏が先の参院選で落選したことが波紋を複雑にする。微妙な立場を野党から問題にされている人がなぜ、との疑問の声も聞く

 世界ではシ刑廃止・執行停止がすでに大きな流れになっている。数年単位で見ると執行が増加した日本への視線は、国連を中心に年々厳しさを増しつつある。国際社会の批判にこれからも耐えていけるのか

 国内を見渡せば、凶悪事件に対しては厳罰を望む世論が根強い。市民参加の裁判員制度と絡めてシ刑廃止を求める世論も、一方にはある。身をもって一石を投じたらしい千葉法相は、省内に勉強会をつくる方針も併せて示した。まだそんな段階だったのか、という気もするが。

春秋 西日本新聞 2010年7月29日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/449-8911fa29

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。