FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子や孫の時代を考える、目先の党利党略をぶつけ合うのに忙しい・・・春秋 八葉蓮華

 「福沢諭吉、新渡戸稲造、もう1人は…」。明治以降で真に尊敬に値する人物を3人挙げよと言われたら、と小説家で社会教育家の下村湖人は、同じ佐賀県出身の田澤義(よし)鋪(はる)を挙げた

 今年は田澤の生誕125年。出身地・鹿島市の市民会館で今月24日に記念大会が開かれる、と本紙佐賀版が案内していた。「信念を貫いた生涯、毅(き)然(ぜん)たる清節。私は百代にわたって『この人を見よ』と言いたい」。湖人はそう書き残している

 最初は内務官僚だった田澤は、やがて社会教育家として青年教育に情熱を傾けた。政治家として選挙粛正に一身をささげた。併せて政治の理想を追求した。日本の現状を憂う講演中に倒れて逝った

 と書いていくと、思いは、国の新生を信じて逝った大勢の先人に及ぶ。19世紀を疾走した幕末の志士は泉下から20世紀の日本をどう見ただろう。20世紀の戦争で散った人に私たちは21世紀初頭の日本を自信を持って見せることができるだろうか

 言論の府・国会がけなし合う場に半ば変わって久しい。目先の党利党略をぶつけ合うのに忙しい、ように見える人たちもいる。半世紀後、1世紀後の日本を描ける政治家は、いるにしても少ない

 夢や理想を自分の言葉で、政策に包んで語れる人を選びたい。人と政策を大きく育ててくれそうな政党に1票を託そう。郷土の先人に思いを巡らせつつ子や孫の時代を考える。きょうは良識の府・参院選の投票日。

春秋 西日本新聞 2010年7月11日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/436-2d014414

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。