FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワースト議員特権コンテスト」市民感覚と乖離した非常識のたまもの・・・春秋 八葉蓮華

教育 Education 八葉蓮華 [創価学会 仏壇]春秋 西日本新聞 2010年7月9日

 地方議会の「ワースト議員特権コンテスト」が3年前に企画された。無所属の地方議員や市民らのグループが、「特権」をなくそうと全国から事例を募った

 大賞には東京都議会が選ばれた。議員1人に月60万円の政務調査費が支給されていた。「領収書不要」の太っ腹だった。“表彰状”には「市民感覚と乖(かい)離(り)した非常識のたまもの」と記されていた

 一度限りの企画だったのが惜しまれる。そんな使い道ありか、と思わせる政務調査費の事例がその後各地で報じられた。広島市議会には靴や服を買った議員がいた。東京都品川区議会には官能小説や推理小説を買った議員もいた

 政務調査費って何だろう。政策調査研究などの活動のために地方議会議員に支給される経費を指す。税金から充てられる。地方自治法改正により2001年度に制度化された。地方議会の重要性が高まったことに伴う

 この数日、複数の福岡県議会議員の昨年度の使途を各紙が競って報じている。以下、本紙から。「国会議員のパーティー券購入」「官能小説購入」「昼食に特上うな重」…。飲食代としての支出が多い。すし店、ふぐ料理店、イタリア料理店も

 福岡県議の支給額は月50万円。昨年度から全支出に領収書の添付が義務付けられた。先月末には「使わなかった計2千万円余を返還」の記事を見た。「支出を厳格にして、余ったら返す」税金の使い方のお手本かと思っていたのに。

春秋 西日本新聞 2010年7月9日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/434-94e2b894

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。