FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの人生「戦後最大の労働問題」曲折を経て・・・春秋 八葉蓮華

 のちの首相が国会答弁で拝借して話題になった歌謡曲「人生いろいろ」が街に流れ始めたのは1987(昭和62)年のことだった

 「花金」(花の金曜日)が流行語になった年だ。「バブル景気」も新語として登場した。流行語・新語が映す世相からは遠く離れたところで、苦難の人生を歩み始めた人々もいた

 この年は国鉄分割民営化によりJRが発車している。その陰で国労組合員ら7千人以上がJRに採用されなかった。うち千人余は、移った先の国鉄清算事業団からも解雇され、多くが裁判で地位確認などを求めてきた

 中央労働委員会はJRに救済命令を出すなどした。JRは行政訴訟を起こして「JRに採用責任はない」との判決を得た。曲折を経てこのほど和解が成立した。事業団を継いだ鉄道建設・運輸施設整備支援機構が総額約200億円を支払う

 原告の大半は九州か北海道在住者だ。ここまでは土木作業などのアルバイトをして生活費に充ててきた。辛子めんたいこを売り歩いた人もいる。「戦後最大の労働問題」は解決金による和解で幕が引かれるが…

 JRで働くことを希望する人がいる。北海道の52歳の男性は言う。「鉄道員の制服姿を見たことがない家族に見せたい」。和解を拒んで訴訟を続ける人もいる。福岡県の48歳の男性は言う。「お金の問題ではない。元の職場を取り戻したいだけ」。それぞれの人生にはどんな続きが待つのだろう。

春秋 西日本新聞 2010年7月2日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/429-e7fc3271

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。