FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツ選手たちの心の持ち方、社会の役に立つことをしたい・・・春秋 八葉蓮華

 何か社会の役に立つことをしたい。そう考えて実行する若者がスポーツの世界でも増えてきた。プロ野球の世界では-

 投球数1球につきワクチン10本を、発展途上国の子どもたちに贈り続けるソフトバンクの和田毅投手のことを、小欄で3年前に紹介した。昨年は、盗塁の数だけ車いすを病院などに贈ってきた阪神の赤星憲広選手(昨年で引退)について書いた

 今年は日本ハムのダルビッシュ有投手のことを書きたくなった。3年前から公式戦で1勝するごとに、途上国での水支援に取り組むNPO法人・日本水フォーラムに10万円寄付している

 2年前からは故郷への恩返しも始めた。勝ち星を挙げるごとに10万円を大阪府羽曳野市に寄付してきた。子どもたちのために役立てば、と思った。市は「子ども福祉基金」をつくって活用中

 先週からは妻の郷里への支援も加わった。試合でアウトを一つ取るごとに3万円を宮崎県に寄付する。口(こう)蹄(てい)疫(えき)の被害に苦しむ畜産農家への義援金に、と思い立った。毎年、オフの大部分は宮崎で過ごしている。自宅で食べる牛肉もほとんど宮崎牛だという

 ダルビッシュ投手は昨年、全球種の握り方を写真付きで説明した本を出した。全盛期の投手が“企業秘密”を明かすのは異例。自分だけのものにはしたくないそうだ。プロを夢見る野球少年たちは、野球のテクニックだけでなく、スター選手たちの心の持ち方もまねしてほしい。

春秋 西日本新聞 2010年6月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/422-93031e7e

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。