FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひげを禁止します「身だしなみ基準」不快感を与える、威厳を与える・・・春秋 八葉蓮華

 初夏。群馬県伊勢崎市は職員の服装をクールビズに切り替えることを伝える文書の中に、こう加えた。「ひげを禁止します」。市民に不快感を与える恐れがあるという

 今春、神戸地裁は郵便事業会社(日本郵便)の男性従業員の訴えを認める判決を言い渡した。男性は「ひげを理由に人事評価を下げられたのは違法」と損害賠償を求めていた。判決は会社側に37万円の支払いを命じた

 「身だしなみ基準」を掲げる会社側に対し、男性は「清潔に整えてきた」と反論してきた。伊勢崎市の場合は、ひげを伸ばした職員に個別に注意したことはあったが、明文化したのは初めて。現在、ひげを生やした職員はいないという

 先手を打ったのかもしれない。ひげを生やす人が世間では増えている。若い層に多い。野球のイチロー選手や水泳の北島康介選手らの影響もあるようだ。無精ひげふうに見せるのが今はカッコいいらしい

 ひげは男の「小道具」の一種といってもいい。政治家や文豪らには威厳を与える。スポーツ選手には粗野でたくましい雰囲気を付加する。普通の人でも変身の小道具になる。気分転換に使える

 公務員については別の議論になる、と伊勢崎市は言う。余談ながら、古い映画にはひげを生やしたお役人がしばしば登場する。ひげを生やして威張っていた人は実際にいたと聞く。今の日本にもいるというのであれば、その世界に限った禁止令も悪くない。

春秋 西日本新聞 2010年5月21日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/403-cb1878d7

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。