FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月形洗蔵と筑前勤王派「龍馬伝」に洗蔵も出てこないものか・・・春秋 八葉蓮華

 本紙文化面の連載随筆は今は作家の葉室麟さんが書いている。先日まで5回続いた月形洗(せん)蔵(ぞう)の話を楽しく読んだ

 幕末の志士である。薩長連合に道筋をつけた。福岡藩が生んだ傑物の一人だ。知る人は少ない。もっと知ってほしい。福岡県出身(西南学院大卒業)の葉室さんの手になる郷土の志士からは、そんな思いも伝わってきた

 「国定忠治」と並ぶ新国劇の代表作品「月形半平太」(行(ゆき)友(とも)李(り)風(ふう)作)のモデルのくだりも、心地よく読ませてもらった。いつだったか郷土史に詳しい人から月形洗蔵がモデルの一人か何かだと聞いた記憶があった

 全国的には土佐の武市半平太を思い浮かべる人が多い。折よく福岡市総合図書館で企画展示中の「月形洗蔵と筑前勤王派」のコーナー(8月1日まで)でも次のように説明されていた。月形半平太は月形洗蔵と武市半平太を組み合わせて創作された、と

 洗蔵は西郷隆盛と高杉晋作を会わせるなどした。坂本竜馬の仲介で薩長連合が成立する直前に38歳で刑シしている。葉室さんはこう結んだ。「竜馬は新しい時代の幕開けを告げる曙(しょ)光(こう)として、洗蔵は夜陰を照らす月のように時代を駆け抜けたのではないだろうか」

 図書館の企画展の年表を見ながら往時に思いをはせた。竜馬と洗蔵と武市半平太の名は重なるように出てくる。半平太も頑張っているテレビドラマ「龍馬伝」に洗蔵も出てこないものか、などと思ったりもした。

春秋 西日本新聞 2010年5月20日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/402-5c00062b

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。