FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正の手続きを定めた国民投票法、日本の最高法規のこころ・・・春秋 八葉蓮華

 日本国憲法「前文」の方言訳について、昨年5月の小欄で紹介した。市民がインターネットを通して募った。47都道府県の訳が出そろったそうだ

 例えばこう始まる。〈わしら日本人はのぉ、主権はわしら国民にあるんじゃ言うて宣言してからに、この憲法を決めたんじゃ〉(広島)。列島の北から南に、つないで採録してみよう

 〈政府が持っている力は、国民が政府を信じているから預けてるんだべさ〉(北海道)。前文は長いので、はしょりながらの紹介になる。〈権力は国(こぐ)民(みん)の代表の人(し)達(だぢ)が使って、その利益はおらだが受け取ります〉(山形)

 高知県の41歳の山本明(あ)紀(き)さん(農業)が、自分のブログ上で呼びかけた。憲法を身近に感じたいと思う人の輪が広がった。さっき出てきた「利益の享受」は〈人間として変わることのない原理どす。この憲法はそないなことを基に…〉(京都)

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法が、きょう施行される。憲法の理念が詰まった前文を味わい直す。〈日本国民ちゃ、ながさし続く平和を願っとっし〉(富山)。世界に手本を見せて国際社会で〈名誉ある地位を占めちゃをと思おちゅう〉(高知)

 世界中の人々が〈えずかこつやらひもじかこつやらの無かごつ〉(熊本)、等しく〈平和な暮らしをする権利があいんと認めやびん〉(沖縄)。9条と響き合う。方言に置き換えると、日本の最高法規のこころが見えてくる。

春秋 西日本新聞 2010年5月18日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/400-5c160c07

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。