FC2ブログ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国憲法は前文と103の条文から成る・・・春秋 八葉蓮華

 日本国憲法は前文と103の条文から成る。国のかたちについて一家言持つ放送作家の永六輔さんは、ラジオの深夜番組で、2時間45分かけて全文を朗読したことがある

 永さんは自分を「改憲論者」と呼ぶ。9条を守ろうと呼びかけてきたことを知る人は、少し驚く。改憲論者にもいろいろある。「僕は日本国憲法を9条と99条の二条だけにしろという改憲論者」

 眠るようにシにたいから、と言う。「インドで見かけるような薪の音、風が渡る中で灰になりたい」とも。平和でなければかなわない。平和を守るために改憲を、と全文を朗読した時に確信した(藤原書店刊「いのちの叫び」から)

 9条に書かれていることを知らない人はいない。99条はどうだろう。「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」

 国家をなす者は憲法を守れと書いてある。そもそも憲法は法律とは趣が違う。法律は、こうしなさい、こうしてはいけない、と国民に言っている。憲法は役人や政治家を戒めている。「憲法は聖徳太子の昔から、読ませるべきは役人」と永さん

 全文を朗読した時、聴取者からの問い合わせが絶えなかったそうだ。聞いただけでは理解できない日本語があるらしかった。平易な表現に変えたほうがいいと思った。「改憲」論を突き詰めると「9条と99条だけで十分」ということになったのだろう。

春秋 西日本新聞 2010年5月3日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/391-cdc6a40b

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。