FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷走、国民はひどい船酔いでダウン寸前「移設問題」日米関係に新たな一歩を・・・春秋 八葉蓮華

 子どものころ切手を集めた。よく覚えている絵柄の一つに咸臨丸がある。日米修好通商100周年の記念切手だった。太平洋の荒波を渡る姿が勇ましかった

 勝海舟を艦長とする幕府軍艦咸臨丸が太平洋を往復して今年で150年になる。日本の船としては初の壮挙だった。修好通商条約の批准書を交換するための遣米使節団を乗せた米軍艦に随伴した

 同じ海路を今、大型の練習帆船「海王丸」が米西海岸を目指し航海中。150年を記念して独立行政法人・航海訓練所が企画した。咸臨丸乗組員の子孫も同乗している。19世紀と景色も荒波も変わらぬ航海を想像するだけでも楽しい

 海王丸は出港から1カ月後の今月5日に到着予定。咸臨丸の航海は38日間だった。日数は大して違わないが、当時は難行苦行だった。米国に渡ったことがあるジョン万次郎のほかは、海舟も福沢諭吉もほとんど船酔いでダウンしたと伝えられる

 戯画風に継いで言うなら、あれから1世紀半を経た日米関係に新たな一歩を、と勇んで船出した「鳩山丸」は、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題をめぐって行きつ戻りつの迷走が続く。国民はひどい船酔いでダウン寸前

 3本マストの咸臨丸はオランダ製の頑丈な木造蒸気船だった。目的地もはっきりしていた。翻って鳩山丸は、造りの安普請に加え、航海図を持っているのかどうかさえ怪しい。決着の期限として約束した運命の5月が始まる。

春秋 西日本新聞 2010年5月1日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/389-3ff57f04

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。