FC2ブログ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔のことのように思ってはいけない「ピーク越え」宣言を見送ったまま・・・春秋 八葉蓮華

 ゴールデンウイークが近い。昨年の大型連休前は、気分はそれどころではなかった。どこに行こうかということより、どうすれば新型インフルエンザにかからずに済むか、を考えるのが先だった

 昨年のきょうは、世界保健機関(WHO)が警戒レベルを引き上げた。その翌日には日本政府が新型インフルエンザ発生を宣言している。成田など3空港での機内検疫開始に伴う騒動を、きのうのことのように思い出す

 昔のことのように思ってはいけない。世界的には感染拡大の恐れがまだあり、WHOは「ピーク越え」宣言を見送ったままだ。日本での沈静化についても「第1波は」(厚生労働省)のただし書きが付く

 この1年を数字で見ておこう。感染は214カ国・地域で確認され、1万7千人以上がシ亡した。日本の患者数は2千万人強で、シ者は200人弱。致死率でみると米国などに比べてかなり低い

 重症化を防ぐために医療現場が適切、かつ献身的に対応したということだろう。国民の意識も高かった。国の対応が万全だったかどうかは検証が要る。病原性の強いウイルスではなかったのは幸運だったと専門家は言う

 第2波以降で毒性を増す可能性が指摘されている。かつてのスペイン風邪は第2波以降で犠牲者が増えた。流行の時期については、夏は通常は流行しにくいのに昨年の日本は違っていたこともこの際思い起こしたい。備えを忘れずにいよう。

春秋 西日本新聞 2010年4月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/386-b3dff52a

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。