FC2ブログ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支持率との闘い、難題が種々正念場を迎える、カナダ(サミット)行き・・・春秋 八葉蓮華

 カナダのバンクーバー冬季パラリンピックで日本はメダルラッシュに沸いた。元気をもらった人が多いだろう。金メダリストに電話してたたえた鳩山由紀夫首相もたぶんそのひとり

 鳩山首相にとってカナダは特別な国になるかもしれない。春はまだ浅いのに夏の話をするのも何だけど、自身初となる主要国首脳会議(サミット)は、今夏はカナダ東部のハンツビルで開かれる

 待ち遠しいのではないかと想像する。内政ではさえない話が続くから、気持ちは自然に国際舞台に向く。昨年秋の国連気候変動サミットのように、温室効果ガスの25%削減を表明して大きな拍手をもらったこともある

 6月下旬にカナダで会う各国首脳の近況は、ここまでは総じてさえなかった。古参メンバーの首脳は特にそうだ。米国のオバマ大統領も英国のブラウン首相もフランスのサルコジ大統領も、支持率との闘いに苦労してきた

 さえない同士がサミットでいたわり合う図も、と思っていたら、ここにきて様子が変わり始めた。オバマ政権は最大懸案だった医療保険改革法案が下院も通って最悪期は脱しそう。英国では与党の支持率回復が急らしい

 同じ輪に加わることができるかどうか、日本の首相は気が気でなかろう。普天間飛行場移設問題など難題が種々正念場を迎える。これまでの議論は何だったのかと思わせる場面が増えたら、カナダ行きの資格そのものを問われかねない。

春秋 西日本新聞 2010年3月23日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hachiyorenge.blog54.fc2.com/tb.php/368-c4c59b55

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。