カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「楽園に」絶海の孤島が白い舞で染まる日が早く来るといい・・・春秋 八葉蓮華

 鳥島は伊豆諸島の南端にある。明治時代に訪れた探検家は「まるで雪景色のよう」と驚いた。島を白く埋めるかのごとく生息した鳥がいた

 アホウドリだ。江戸末期に鳥島に漂着した中浜(ジョン)万次郎は、いっせいに飛び立つ光景を見て「島そのものが空中に舞い上がるようだった」と、「ジョン万次郎漂流記」に書き残している

 アホウドリは日本の尖閣諸島と鳥島でだけ繁殖する。鳥島に昔の風景はない。現在の生息数は約2600羽。3年前は2千羽を切っていた。8年前は約千羽。羽毛採取の乱獲で第2次大戦直後は絶滅が伝えられた

 間もなく十数羽による営巣が確認され、特別天然記念物に指定されて半世紀余。かつての風景に少しでも戻す取り組みの途上にある。心配なことがひとつあった。鳥島は活火山だから、大噴火が起きれば繁殖地が危ない

 環境省は2年前に新計画に着手した。鳥島の南350キロの小笠原諸島・聟島(むこじま)を「楽園に」という計画だ。鳥島から毎年ひなを移し、山階鳥類研究所が人工飼育してきた。すでに40羽が巣立った。巣立つと遠く北の海を巡り、数年で古里に戻るといわれる

 近く最初のグループが聟島に帰郷する可能性があると先日報じられた。羽が長くてすぐには飛び立てず簡単に捕まる、というので気の毒な名が付いたこの鳥は、飛び立ったあとの舞の美しさで知られる。絶海の孤島が白い舞で染まる日が早く来るといい。

春秋 西日本新聞 2010年10月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

大幅に値上げ「きょう限りで」悩んで本数が増える・・・春秋 八葉蓮華

 大昔、火を利用する過程で人類は燃料の草木のなかに良い香りを漂わせるものがあることを知った。時代を経てコロンブス一行は、たどりついた島で乾いた葉を贈られた

 日本には南蛮渡来の珍品として入ってきた。ザビエルが鹿児島に上陸した時、ポルトガルの船員がぷかぷかやっているのを見て人々は言った。「南蛮人は腹のなかで火をたいとる」(「煙草おもしろ意外史」文春新書)

 漱石の作中の猫は「なぜ人間は口から煙を吸い込んで鼻から吐き出すのであるか」といぶかったが、人間の嗜好(しこう)を猫は知るよしもない。映画の名場面や歌の文句の小道具にと、たばこが居場所を種々獲得したのも今は昔

 紫煙をめぐる風景を、健康問題が一変させた。健康うんぬんは吸う人だけにとどまらない。受動喫煙が社会問題化するに至っては喫煙者は肩身が狭い。嫌煙派の後押しを背に、あすから大幅に値上げされる

 喫煙者の半数前後が「これを機に禁煙に挑戦する」と回答したアンケート結果が複数ある。「きょう限りで」という人も多分いる。赤城の山も今宵(こよい)限り、と別れを惜しんだ新国劇のように、刀ならぬたばこを月にかざして感慨に沈む人もいよう

 テレビでは、医師と俳優の舘ひろしさんが「禁煙するのに一番大事と思うことは?」「気合ですか」「まずその考えを変えていきましょう」とやりとりするCMも流れていた。悩んで本数が増える人もいるだろう。

春秋 西日本新聞 2010年9月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。