カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猛暑を打ち払って、朝晩は涼風が吹く。秋が来た・・・春秋 八葉蓮華

 お待たせしました、と朝晩は涼風が吹く。秋が来た。猛暑を打ち払ってやってきた。今年ほど待ちわびたことはなかった

 一日千秋の思いで今も待ちわびているものが、ちまたに二つある。スポーツ界の話だ。一つはプロ野球・福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝。2003年を最後に途絶えている

 03年は日本一にもなった。あれから7年が過ぎ、思い出は半ばセピア色。04年以降は1位でレギュラーシーズンを終えながらプレーオフで敗退したり、いろいろあった。いつか必ず、とファンは歯がみして待ち続けてきた

 もう一つはサッカーのアビスパ福岡だ。J1(Jリーグ1部)時代は「J2(2部)に落ちそうで落ちない」不思議なチームとして広く知られた。そんな話も今は昔。2度目のJ2降格という苦渋を味わって4年になる。いつかまたJ1に、とファンは信じて待ち続ける

 大分トリニータが今季はJ2に落ちたためJ1に九州勢はいない。J2は日程の約3分の2を終え、アビスパ福岡が3位、ロアッソ熊本が6位、サガン鳥栖が10位、などとなっている。3位までがJ1に昇格する

 復帰を目指す福岡、初の昇格を目指す熊本、鳥栖…。九州のサッカーファンはそれぞれの郷土のチームの応援に一段と力が入る。一方、九州唯一の球団として声援を集める野球のホークスは既に最後の戦いに入った。吹き始めた秋風をわびしいものにはしたくない。

春秋 西日本新聞 2010年9月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

政策論争が深まらない代表選になったら、民主党政権の終わりの始まり・・・春秋 八葉蓮華

 政治家にはライオンとキツネの資質が必要、と政治思想家のマキャベリは書いた。ライオンの威、キツネの狡(こう)知(ち)を指している。おそらく古今東西を問わない

 一例を2010年の日本の政権党に見る。代表選をめぐり威と狡知が交錯した。各グループの幹部も含めていえば、いずれがライオンでいずれがキツネか、の一面も併せ持つ。伝書バト役も交じって、なかなかにぎやか

 政治とカネの問題で党幹事長を辞任して間がない小沢一郎氏が、代表選出馬を決めたことでアレレとなった。政治とカネの問題で首相を辞任した鳩山由紀夫氏が菅直人首相支持から小沢氏支持に身を翻したことで、化かし合い的な色も帯びた

 政治に関しては次のような言葉もある。「政治とは流血を伴わぬ戦争である。一方、戦争とは流血を伴う政治である」(毛沢東)。こちらもおそらく古今東西を問わない

 一例を、これまた日本の民主党政権に見た。小沢氏の周辺からは「これは戦争だ」の声が聞かれた。みんなの党の渡辺喜美代表は「ハルマゲドン(世界最終戦争)が始まった。これを機に政界ビッグバンを」と虎視眈(たん)々(たん)

 政界再編うんぬんはさておき、威の張り合いや化かし合い、はたまた戦争ごっこをしている場合か、という気がする。ただでさえ大変な経済が急激な円高株安でいよいよ危うい。もし政策論争が深まらない代表選になったら、民主党政権の終わりの始まりが始まる。

春秋 西日本新聞 2010年9月1日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。