カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が細る、私たちの目の前にある、気持ちを新しく・・・春秋 八葉蓮華

〈正月元日。午(ひる)の頃家の内暖くなるを待ちそこら取片づけ塵(ちり)を払ふ〉(大正7年)。作家永井荷風がその数カ月前に書き始めた日記「断腸亭日乗」から拾った

 元日を拾って読む。昭和4年〈狂風一陣雪を捲(ま)いて咫尺(しせき)を弁ぜざりしが、日暮に至り空霽(は)れ星出でたり〉。「咫尺を弁ぜず」は視界がきかないこと。昭和8年〈雑司谷墓地に往き先考の墓を掃(はら)ふ。墓前の〓梅馥郁(ろうばいふくいく)たり〉。「先考」は亡父のこと

 ひとり静かに新年を迎える荷風の筆は時に権力に向かう。〈軍人政府の専横〉に触れたのは昭和16年。〈心の自由空想の自由のみはいかに暴悪なる政府の権力とてもこれを束縛すること能(あた)はず〉

 何ものにも縛られずに端然と生きた。独り暮らしで生涯を終えた男の日乗(日記)は、没年の昭和34年まで続く。いつも下書きをし、後世史家の資料に供すために推敲(すいこう)を重ねて最後は和紙に墨で清書した

 狷介(けんかい)孤高の人の筆は世相にも向く。打算が大きな顔をして人情がすたる世を「石が浮んで木の葉の沈むが如(ごと)し」と形容した。「儒教の衰滅したるに因(よ)る」とも。「小ぎれいで小ざっぱり」とした人々の様子、町々の風情が薄れていくのを憂えた。日本が細るのを悲しんだ

 その後の日本は西洋化をいびつに究めて平成に至り、私たちの目の前にある。このままでいいのか。気持ちを新しくしよう。凛(りん)と書き留めておこう。できれば日記の最初のページに、背筋を伸ばして。

春秋 西日本新聞 2011年1月1日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

この星のリーダーに会いたい「宇宙人」の地球来訪・・・春秋 八葉蓮華

 「国連が宇宙人担当大使を任命へ」。英国の複数の新聞が先ごろ大見出しで報じた。候補者の名前も挙げられていた

 「地球に降り立った宇宙人が『この星のリーダーに会いたい』と言ってきた時にはマズラン・オスマン氏が窓口になる」という内容だった。この人、マレーシアの天体物理学者で、国連宇宙空間事務所の所長を務めている

 時事通信によると、報道は誤報と分かったが、最初のうちは「国連が宇宙人の地球来訪を想定して対策に着手したらしい」との憶測を生んだ。記者会見したオスマン所長が「大使任命の話などない」と否定し、幕となった

 幕は下りても舞台裏はすぐに静かにはならない。「この際、万一に備えて交渉役を決めておいたほうがよくはないか」「地球の代表者は国連から出すのがふさわしい」。UFO研究家らも加わって結構まじめな議論になった、とか

 UFOの目撃情報は挙げるときりがない。特に多い米国のある州では「宇宙人に敬意を表する記念日」を設ける州法案が提出されたこともあったと聞く。地球外文明からの電波をとらえる科学者の試みも盛んになってきた

 日本でかつてヒットした「UFO」の歌詞を思い出す。〈近頃少し 地球の男にあきたところよ〉。宇宙人来訪への備えを望む空気にはそんな気分も多分まじる。宇宙人と呼ばれた日本の前首相が退任後も規格外の言動で国民をあきれさせているのは皮肉だが。

春秋 西日本新聞 2010年10月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

「楽園に」絶海の孤島が白い舞で染まる日が早く来るといい・・・春秋 八葉蓮華

 鳥島は伊豆諸島の南端にある。明治時代に訪れた探検家は「まるで雪景色のよう」と驚いた。島を白く埋めるかのごとく生息した鳥がいた

 アホウドリだ。江戸末期に鳥島に漂着した中浜(ジョン)万次郎は、いっせいに飛び立つ光景を見て「島そのものが空中に舞い上がるようだった」と、「ジョン万次郎漂流記」に書き残している

 アホウドリは日本の尖閣諸島と鳥島でだけ繁殖する。鳥島に昔の風景はない。現在の生息数は約2600羽。3年前は2千羽を切っていた。8年前は約千羽。羽毛採取の乱獲で第2次大戦直後は絶滅が伝えられた

 間もなく十数羽による営巣が確認され、特別天然記念物に指定されて半世紀余。かつての風景に少しでも戻す取り組みの途上にある。心配なことがひとつあった。鳥島は活火山だから、大噴火が起きれば繁殖地が危ない

 環境省は2年前に新計画に着手した。鳥島の南350キロの小笠原諸島・聟島(むこじま)を「楽園に」という計画だ。鳥島から毎年ひなを移し、山階鳥類研究所が人工飼育してきた。すでに40羽が巣立った。巣立つと遠く北の海を巡り、数年で古里に戻るといわれる

 近く最初のグループが聟島に帰郷する可能性があると先日報じられた。羽が長くてすぐには飛び立てず簡単に捕まる、というので気の毒な名が付いたこの鳥は、飛び立ったあとの舞の美しさで知られる。絶海の孤島が白い舞で染まる日が早く来るといい。

春秋 西日本新聞 2010年10月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

大幅に値上げ「きょう限りで」悩んで本数が増える・・・春秋 八葉蓮華

 大昔、火を利用する過程で人類は燃料の草木のなかに良い香りを漂わせるものがあることを知った。時代を経てコロンブス一行は、たどりついた島で乾いた葉を贈られた

 日本には南蛮渡来の珍品として入ってきた。ザビエルが鹿児島に上陸した時、ポルトガルの船員がぷかぷかやっているのを見て人々は言った。「南蛮人は腹のなかで火をたいとる」(「煙草おもしろ意外史」文春新書)

 漱石の作中の猫は「なぜ人間は口から煙を吸い込んで鼻から吐き出すのであるか」といぶかったが、人間の嗜好(しこう)を猫は知るよしもない。映画の名場面や歌の文句の小道具にと、たばこが居場所を種々獲得したのも今は昔

 紫煙をめぐる風景を、健康問題が一変させた。健康うんぬんは吸う人だけにとどまらない。受動喫煙が社会問題化するに至っては喫煙者は肩身が狭い。嫌煙派の後押しを背に、あすから大幅に値上げされる

 喫煙者の半数前後が「これを機に禁煙に挑戦する」と回答したアンケート結果が複数ある。「きょう限りで」という人も多分いる。赤城の山も今宵(こよい)限り、と別れを惜しんだ新国劇のように、刀ならぬたばこを月にかざして感慨に沈む人もいよう

 テレビでは、医師と俳優の舘ひろしさんが「禁煙するのに一番大事と思うことは?」「気合ですか」「まずその考えを変えていきましょう」とやりとりするCMも流れていた。悩んで本数が増える人もいるだろう。

春秋 西日本新聞 2010年9月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

猛暑を打ち払って、朝晩は涼風が吹く。秋が来た・・・春秋 八葉蓮華

 お待たせしました、と朝晩は涼風が吹く。秋が来た。猛暑を打ち払ってやってきた。今年ほど待ちわびたことはなかった

 一日千秋の思いで今も待ちわびているものが、ちまたに二つある。スポーツ界の話だ。一つはプロ野球・福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝。2003年を最後に途絶えている

 03年は日本一にもなった。あれから7年が過ぎ、思い出は半ばセピア色。04年以降は1位でレギュラーシーズンを終えながらプレーオフで敗退したり、いろいろあった。いつか必ず、とファンは歯がみして待ち続けてきた

 もう一つはサッカーのアビスパ福岡だ。J1(Jリーグ1部)時代は「J2(2部)に落ちそうで落ちない」不思議なチームとして広く知られた。そんな話も今は昔。2度目のJ2降格という苦渋を味わって4年になる。いつかまたJ1に、とファンは信じて待ち続ける

 大分トリニータが今季はJ2に落ちたためJ1に九州勢はいない。J2は日程の約3分の2を終え、アビスパ福岡が3位、ロアッソ熊本が6位、サガン鳥栖が10位、などとなっている。3位までがJ1に昇格する

 復帰を目指す福岡、初の昇格を目指す熊本、鳥栖…。九州のサッカーファンはそれぞれの郷土のチームの応援に一段と力が入る。一方、九州唯一の球団として声援を集める野球のホークスは既に最後の戦いに入った。吹き始めた秋風をわびしいものにはしたくない。

春秋 西日本新聞 2010年9月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。