カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が細る、私たちの目の前にある、気持ちを新しく・・・春秋 八葉蓮華

〈正月元日。午(ひる)の頃家の内暖くなるを待ちそこら取片づけ塵(ちり)を払ふ〉(大正7年)。作家永井荷風がその数カ月前に書き始めた日記「断腸亭日乗」から拾った

 元日を拾って読む。昭和4年〈狂風一陣雪を捲(ま)いて咫尺(しせき)を弁ぜざりしが、日暮に至り空霽(は)れ星出でたり〉。「咫尺を弁ぜず」は視界がきかないこと。昭和8年〈雑司谷墓地に往き先考の墓を掃(はら)ふ。墓前の〓梅馥郁(ろうばいふくいく)たり〉。「先考」は亡父のこと

 ひとり静かに新年を迎える荷風の筆は時に権力に向かう。〈軍人政府の専横〉に触れたのは昭和16年。〈心の自由空想の自由のみはいかに暴悪なる政府の権力とてもこれを束縛すること能(あた)はず〉

 何ものにも縛られずに端然と生きた。独り暮らしで生涯を終えた男の日乗(日記)は、没年の昭和34年まで続く。いつも下書きをし、後世史家の資料に供すために推敲(すいこう)を重ねて最後は和紙に墨で清書した

 狷介(けんかい)孤高の人の筆は世相にも向く。打算が大きな顔をして人情がすたる世を「石が浮んで木の葉の沈むが如(ごと)し」と形容した。「儒教の衰滅したるに因(よ)る」とも。「小ぎれいで小ざっぱり」とした人々の様子、町々の風情が薄れていくのを憂えた。日本が細るのを悲しんだ

 その後の日本は西洋化をいびつに究めて平成に至り、私たちの目の前にある。このままでいいのか。気持ちを新しくしよう。凛(りん)と書き留めておこう。できれば日記の最初のページに、背筋を伸ばして。

春秋 西日本新聞 2011年1月1日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge
スポンサーサイト

この星のリーダーに会いたい「宇宙人」の地球来訪・・・春秋 八葉蓮華

 「国連が宇宙人担当大使を任命へ」。英国の複数の新聞が先ごろ大見出しで報じた。候補者の名前も挙げられていた

 「地球に降り立った宇宙人が『この星のリーダーに会いたい』と言ってきた時にはマズラン・オスマン氏が窓口になる」という内容だった。この人、マレーシアの天体物理学者で、国連宇宙空間事務所の所長を務めている

 時事通信によると、報道は誤報と分かったが、最初のうちは「国連が宇宙人の地球来訪を想定して対策に着手したらしい」との憶測を生んだ。記者会見したオスマン所長が「大使任命の話などない」と否定し、幕となった

 幕は下りても舞台裏はすぐに静かにはならない。「この際、万一に備えて交渉役を決めておいたほうがよくはないか」「地球の代表者は国連から出すのがふさわしい」。UFO研究家らも加わって結構まじめな議論になった、とか

 UFOの目撃情報は挙げるときりがない。特に多い米国のある州では「宇宙人に敬意を表する記念日」を設ける州法案が提出されたこともあったと聞く。地球外文明からの電波をとらえる科学者の試みも盛んになってきた

 日本でかつてヒットした「UFO」の歌詞を思い出す。〈近頃少し 地球の男にあきたところよ〉。宇宙人来訪への備えを望む空気にはそんな気分も多分まじる。宇宙人と呼ばれた日本の前首相が退任後も規格外の言動で国民をあきれさせているのは皮肉だが。

春秋 西日本新聞 2010年10月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

「楽園に」絶海の孤島が白い舞で染まる日が早く来るといい・・・春秋 八葉蓮華

 鳥島は伊豆諸島の南端にある。明治時代に訪れた探検家は「まるで雪景色のよう」と驚いた。島を白く埋めるかのごとく生息した鳥がいた

 アホウドリだ。江戸末期に鳥島に漂着した中浜(ジョン)万次郎は、いっせいに飛び立つ光景を見て「島そのものが空中に舞い上がるようだった」と、「ジョン万次郎漂流記」に書き残している

 アホウドリは日本の尖閣諸島と鳥島でだけ繁殖する。鳥島に昔の風景はない。現在の生息数は約2600羽。3年前は2千羽を切っていた。8年前は約千羽。羽毛採取の乱獲で第2次大戦直後は絶滅が伝えられた

 間もなく十数羽による営巣が確認され、特別天然記念物に指定されて半世紀余。かつての風景に少しでも戻す取り組みの途上にある。心配なことがひとつあった。鳥島は活火山だから、大噴火が起きれば繁殖地が危ない

 環境省は2年前に新計画に着手した。鳥島の南350キロの小笠原諸島・聟島(むこじま)を「楽園に」という計画だ。鳥島から毎年ひなを移し、山階鳥類研究所が人工飼育してきた。すでに40羽が巣立った。巣立つと遠く北の海を巡り、数年で古里に戻るといわれる

 近く最初のグループが聟島に帰郷する可能性があると先日報じられた。羽が長くてすぐには飛び立てず簡単に捕まる、というので気の毒な名が付いたこの鳥は、飛び立ったあとの舞の美しさで知られる。絶海の孤島が白い舞で染まる日が早く来るといい。

春秋 西日本新聞 2010年10月19日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

大幅に値上げ「きょう限りで」悩んで本数が増える・・・春秋 八葉蓮華

 大昔、火を利用する過程で人類は燃料の草木のなかに良い香りを漂わせるものがあることを知った。時代を経てコロンブス一行は、たどりついた島で乾いた葉を贈られた

 日本には南蛮渡来の珍品として入ってきた。ザビエルが鹿児島に上陸した時、ポルトガルの船員がぷかぷかやっているのを見て人々は言った。「南蛮人は腹のなかで火をたいとる」(「煙草おもしろ意外史」文春新書)

 漱石の作中の猫は「なぜ人間は口から煙を吸い込んで鼻から吐き出すのであるか」といぶかったが、人間の嗜好(しこう)を猫は知るよしもない。映画の名場面や歌の文句の小道具にと、たばこが居場所を種々獲得したのも今は昔

 紫煙をめぐる風景を、健康問題が一変させた。健康うんぬんは吸う人だけにとどまらない。受動喫煙が社会問題化するに至っては喫煙者は肩身が狭い。嫌煙派の後押しを背に、あすから大幅に値上げされる

 喫煙者の半数前後が「これを機に禁煙に挑戦する」と回答したアンケート結果が複数ある。「きょう限りで」という人も多分いる。赤城の山も今宵(こよい)限り、と別れを惜しんだ新国劇のように、刀ならぬたばこを月にかざして感慨に沈む人もいよう

 テレビでは、医師と俳優の舘ひろしさんが「禁煙するのに一番大事と思うことは?」「気合ですか」「まずその考えを変えていきましょう」とやりとりするCMも流れていた。悩んで本数が増える人もいるだろう。

春秋 西日本新聞 2010年9月30日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

猛暑を打ち払って、朝晩は涼風が吹く。秋が来た・・・春秋 八葉蓮華

 お待たせしました、と朝晩は涼風が吹く。秋が来た。猛暑を打ち払ってやってきた。今年ほど待ちわびたことはなかった

 一日千秋の思いで今も待ちわびているものが、ちまたに二つある。スポーツ界の話だ。一つはプロ野球・福岡ソフトバンクホークスのリーグ優勝。2003年を最後に途絶えている

 03年は日本一にもなった。あれから7年が過ぎ、思い出は半ばセピア色。04年以降は1位でレギュラーシーズンを終えながらプレーオフで敗退したり、いろいろあった。いつか必ず、とファンは歯がみして待ち続けてきた

 もう一つはサッカーのアビスパ福岡だ。J1(Jリーグ1部)時代は「J2(2部)に落ちそうで落ちない」不思議なチームとして広く知られた。そんな話も今は昔。2度目のJ2降格という苦渋を味わって4年になる。いつかまたJ1に、とファンは信じて待ち続ける

 大分トリニータが今季はJ2に落ちたためJ1に九州勢はいない。J2は日程の約3分の2を終え、アビスパ福岡が3位、ロアッソ熊本が6位、サガン鳥栖が10位、などとなっている。3位までがJ1に昇格する

 復帰を目指す福岡、初の昇格を目指す熊本、鳥栖…。九州のサッカーファンはそれぞれの郷土のチームの応援に一段と力が入る。一方、九州唯一の球団として声援を集める野球のホークスは既に最後の戦いに入った。吹き始めた秋風をわびしいものにはしたくない。

春秋 西日本新聞 2010年9月16日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

政策論争が深まらない代表選になったら、民主党政権の終わりの始まり・・・春秋 八葉蓮華

 政治家にはライオンとキツネの資質が必要、と政治思想家のマキャベリは書いた。ライオンの威、キツネの狡(こう)知(ち)を指している。おそらく古今東西を問わない

 一例を2010年の日本の政権党に見る。代表選をめぐり威と狡知が交錯した。各グループの幹部も含めていえば、いずれがライオンでいずれがキツネか、の一面も併せ持つ。伝書バト役も交じって、なかなかにぎやか

 政治とカネの問題で党幹事長を辞任して間がない小沢一郎氏が、代表選出馬を決めたことでアレレとなった。政治とカネの問題で首相を辞任した鳩山由紀夫氏が菅直人首相支持から小沢氏支持に身を翻したことで、化かし合い的な色も帯びた

 政治に関しては次のような言葉もある。「政治とは流血を伴わぬ戦争である。一方、戦争とは流血を伴う政治である」(毛沢東)。こちらもおそらく古今東西を問わない

 一例を、これまた日本の民主党政権に見た。小沢氏の周辺からは「これは戦争だ」の声が聞かれた。みんなの党の渡辺喜美代表は「ハルマゲドン(世界最終戦争)が始まった。これを機に政界ビッグバンを」と虎視眈(たん)々(たん)

 政界再編うんぬんはさておき、威の張り合いや化かし合い、はたまた戦争ごっこをしている場合か、という気がする。ただでさえ大変な経済が急激な円高株安でいよいよ危うい。もし政策論争が深まらない代表選になったら、民主党政権の終わりの始まりが始まる。

春秋 西日本新聞 2010年9月1日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

未知との遭遇「2010年宇宙人の旅」代表選に絡み表舞台に登場する・・・春秋 八葉蓮華

 1968年に公開された米映画「2001年宇宙の旅」はSFの名作と評される。ストーリーの難解さでも群を抜く

 16年後には続編が作られた。続編の原作の題は「2010年宇宙の旅」。2010年、日本国民は似て非なる旅を目撃した。民放テレビが「2010年宇宙人の旅」と名づけて面白おかしく紹介していたのを思い出す

 宇宙人は当時の首相鳩山由紀夫氏を指す。自他ともに認めていた。米軍普天間基地の移設先を探す旅だった。米国のグアム・サイパンや鹿児島県徳之島などを巡って結局は沖縄に戻った

 「国外、最低でも県外」と見えを切っていた手前、待っていたのは退陣だった。今期限りでの政界引退も口にしたが、民主党代表選に絡み表舞台に登場する場面が増えた。この人らしい「?」も付く。「2010年宇宙人の旅」はまだ続いているようだ

 代表選の投開票は来月14日。鳩山氏が菅直人首相の代表再選を支持すると明言したのは、今月17日のことだった。9日後のきのう、小沢一郎前幹事長を支持すると表明した。小沢氏を応援するのが「大義」とも語った

 宇宙語のようにも聞こえる。どこがどうなってそうなったのやら。「2010年宇宙人の旅」のストーリーの難解さは名作「2001年宇宙の旅」にも負けていない。顧みれば民主党政権は国民にとって、ある意味、未知との遭遇でもあった。この1年でSF色を増したのだろうか。

春秋 西日本新聞 2010年8月27日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

「御巣鷹山」あれから四半世紀・・・春秋 八葉蓮華

 あれから四半世紀とあって、日航ジャンボ機墜落事故にまつわる記事を今年は多く目にした

 本紙は遺書を再録していた。墜落していく旅客機内で、52歳の会社員が会社の手帳に残した家族あての遺書だ。「本当に今迄(まで)は幸せな人生だったと感謝している」などと懸命な字で書かれている

 「飛行機はまわりながら急速に降下中だ」と書かれていたころ、操縦室では機長とクルーが機を立て直そうと格闘していた。その様子を記録したボイスレコーダーは、手帳の遺書とともに、25年前を伝え続ける

 機長が叫ぶ。「気合を入れろ」「パワー、パワー」。すでに垂直尾翼を失っていたことは知るよしもない。「おい、山だ。ライトターン(右旋回)!」「頭(機首)下げろ!」。機長の「頑張れ! 頑張れ!」を最後に30分余のテープは終わる

 専門家たちは「操縦不能の機を、よくぞあそこまで…」と口をそろえたと聞く。事故から15年後に民放テレビが報道番組でテープを流した。乗客の遺族たちは「最後の最後まで頑張ってくれたんですね」と話していた

 テープは高浜雅己機長(当時49歳)の妻淑子さんに夫の操縦にはミスなどなかったことを教えた。それまではつらい日々があったようだ。毎年8月12日の御巣鷹山にはほかの遺族より早く登ったという。今年の御巣鷹からの報道のなかには、淑子さんが2歳の孫も一緒に3世代で登ったことを伝える記事もあった。

春秋 西日本新聞 2010年8月14日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

ニュースがわかる AtoZ「改正臓器移植法編」あなたも判断必要・・・春秋 八葉蓮華

 先々月から本紙に週1回、新しいページが加わった。時事用語をやさしく解説するページだ。「ニュースがわかる AtoZ」(次回は今月22日)

 これまでに「地上デジタル放送」「電子書籍」などを取り上げた。今月8日は、先月施行されたばかりの「改正臓器移植法」だった。翌9日、改正法に基づく初の臓器提供の手続きが行われた

 脳死状態での臓器提供には、改正前は本人の意思表示カードが必要だった。改正後は、本人が拒んでいなければ家族の承諾で可能になった。旧法下では少なからぬ移植が行われたが、移植を待つ人の数には遠く及ばなかったからだ

 「AtoZ」は、一から十まで、のこと。「改正臓器移植法編」では改正法との向き合い方にも触れていた。「あなたも判断必要」の見出しが付いていた。改正法の下では誰もが判断を迫られる可能性がある

 改正後初の提供例となった今回の男性は交通事故で脳シ状態になった。万一のときには臓器を提供してもいいと家族に話したことがあったという。家族は本人の意思を尊重して決断したようだ

 意思が不明の場合、家族として決断を託されるのは、尊い命のリレーとはいえ大きな精神的負担を伴う。意思が残されていれば負担は軽くなる。できればカードで残したい。拒否する権利も等しく保証されている。家族で話し合う機会を持ちたい。きょう書いたことは「AtoZ」の一部にすぎない。

春秋 西日本新聞 2010年8月13日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

車を凶器に変える飲酒ドライバーが今日も各地でハンドルを握っている・・・春秋 八葉蓮華

 酒を飲んで車を運転する不届き者が後を絶たない。事故が毎日どこかで発生する。石川県では県会議員も逮捕された。森元首相の長男だった

 2010年上半期の飲酒事故発生件数は全国で2756件に上る。前年同期比では64件減った。減ったからといって単純に喜べる状況にはない。千の単位で発生していること自体、腹立たしい

 事故を起こすには至らなくても飲んで運転をした者の数は何十倍、何百倍にもなるに違いない。車を凶器に変える飲酒ドライバーが今日も各地でハンドルを握っているだろうことを想像すると、背筋が寒くなる

 背筋を寒くする人の数はおそらく福岡県が最も多い。そう思わせる都道府県別のデータを本紙がこのほど報じた。今年上半期の飲酒事故発生件数だ。福岡が189件で全国トップだった。大阪180件、千葉154件の順で続く

 4年前の8月、福岡市の「海の中道大橋」で3児の命が奪われた飲酒追突事故を知らない人はいない。飲酒運転撲滅を目指す活動が全国で行われるきっかけになった。福岡県民は率先して取り組むと誓った、はずだった

 福岡県内の年間件数はいったん減ったものの昨年は増加に転じた。今年は撲滅の先頭に立つべき公務員の逮捕者が少なくない。恥ずかしい。お盆で福岡県に帰省する人たちも、それぞれの住居地や仕事先で恥ずかしい思いをしたのではないか。こぞって誓い直すきっかけにしたい。

春秋 西日本新聞 2010年8月11日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

日本列島はいよいよ暑い、立秋を過ぎても今年の暑さは尋常でない・・・春秋 八葉蓮華

 「早春賦」の風景を借りていえば、秋は名のみの暑さが続く。暦のうえでの立秋を過ぎても今年の暑さは尋常でない

 立秋だった先週7日、北海道では40人以上が熱中症とみられる症状で病院に搬送された。4観測地点で猛暑日、83地点で真夏日だった。最北の地がそうだから、東北以南の酷暑は推して知るべし

 全国で搬送された人の約半数は65歳以上だ。専門家によると、年齢が高いほど暑さに対する感覚が鈍る。日常生活の中での発症が目立つ。室温調整と水分補給が欠かせない。新型インフルエンザ対策でうがいなどを励行したのと同様の自己管理を心がけたい

 夏に入るまでは「北日本では冷夏も」とも聞いた。科学が及ばない異常が自然界では起きているのだろう。冷夏の場合に心配された農作物への影響は猛暑の被害に変わった。野菜の価格が高騰中

 猛暑は北半球各地で干ばつの被ガイも生んだ。小麦に被ガイが出たロシアは輸出の一時禁止を決めた。他国産を含め国際価格の上昇は必至。輸入大国日本への飛び火は避けられそうにない。それやこれやで日本列島はいよいよ暑い

 東シナ海を台風4号が北上中。関係国間で10年前に付け始めたアジア名でいうと、4号は「ディアンムー」。中国では「雷の母」を意味する。気象庁は雷を伴う局地的な大雨に対する警戒を呼びかけている。ほてった列島に程よい雨と涼風を送り込むだけで静かに通り過ぎてほしい。

春秋 西日本新聞 2010年8月10日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

個々が孤立した時代、緑が薄い社会は保水力も弱い・・・春秋 八葉蓮華

 木々に保水力があるように、犯罪などを抑え込む「社会の保水力」が日本にはあったのに、という話を先月書いた。昭和の戦争で散った先人が平成の日本を見たらどう思うか、と問う戯曲「歸(き)國(こく)」を、おととい紹介した

 社会の乾きようを物語る事例が、育児放棄の果てのシ体遺棄をはじめ、その後も日々報じられる。平穏な未来を信じて散った先人たちを絶句させる出来事の数々

 言葉を失うニュースはお年寄りにも忍び寄っていた。所在が分からない100歳以上の高齢者が各地にいることが、にわかに判明中。東京で最高齢の女性が所在不明になったことも端緒になった

 東京の最高齢女性は子どもと同居中と思われていた。各地の最高齢者がお元気な様子を自治体が確認しているはずだった。そうはなっていなかった。世界に誇れる長寿社会も陰を宿していた

 人と人の根っこをなす親子の関係が、一部とはいえ現在の日本ほどいびつになった国は先進国では珍しい。個々の家庭の問題を隣近所や地域で共有する人間関係も築いていた国で、今ほど個々が孤立した時代もなかった

 「孤独は山になく街にある」と哲学者三木清は書いた。戦後の日本は孤独、孤立のもとを量産した。どこから手を付ければいいのか。街に自然を増やすことから始めるのも一つの方法かもしれない。日本人は四季折々の風景に重ねて人間関係もはぐくんだ。緑が薄い社会は保水力も弱い。

春秋 西日本新聞 2010年8月5日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

歸國「鎮魂の8月」豊かさに麻痺した心には響きにくい・・・春秋 八葉蓮華

 脚本家の倉本聰さんが北海道富良野市につくった脚本家・俳優養成施設「富良野塾」は、今春の25期生の卒塾を最後に閉じられた。四半世紀を経て「責任は果たせた」との思いが強い

 開塾時の呼びかけ文には「あなたは文明に麻(ま)痺(ひ)していませんか」とあった。倉本さんと卒塾生が昨年夏に始めた公演は今夏も続く。長期公演になった。文明に麻痺して大切なことを忘れていませんか、と問い続けている

 劇のタイトルは「歸(き)國(こく)」。旧漢字にしたのには訳がある。文明を象徴する首都の玄関東京駅に、終戦記念日の8月15日、戦争で玉砕した日本兵の英霊たちが降り立つ。物語はそこから始まる

 戦後間もなく棟田博さんが発表した短編小説をもとに、倉本さんが舞台を21世紀に移して書いた。シナリオ本「歸國」(日本経済新聞出版社)でも楽しめる。テレビドラマにもなり、TBS系で14日に放映される。終戦から65年後に帰国した彼らが祖国で見たものは…

 終戦時に10歳だった倉本さんは、国のためにと信じて逝った若者たちの心情を思う時、怒り、悲しみを抜きには書けなかった。軍賛美でも反戦ドラマでもない。書きたかったのはただ一つ、鎮魂

 「ヒン(ひん)倖(こう)」という言葉が出てくる。旧日本兵にこう言わせる。「マズしくとも倖せな生き方は出来る。俺たちの暮らしは元々そうだった」。豊かさに麻痺した心には響きにくい。それでいいのかと「鎮魂の8月」が問う。

春秋 西日本新聞 2010年8月3日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

いりません!「許容範囲」良い上司 見ざる言わざる 褒め上手・・・春秋 八葉蓮華

 〈良い上司 見ざる言わざる 褒め上手〉。サラリーマン川柳(第一生命保険主催)の過去の入選作品から拾った。現実には褒め上手の上司に巡り会える人はまれだ

 東京地裁は先日「(男性の契約社員に)嫌がらせ目的で精神的苦痛を与えた」として、元上司に慰謝料の支払いを命じる判決を出した。「たばこ臭い」と言って長期間、冬でも大型扇風機の強風を直近から当てるなどした

 そこまでするか、の例その二。2年前、北陸の某市役所で課長補佐が若い男性職員の髪にライターで火を付けた。「髪が長い」と注意したあとの出来事。けがはなかったが、停職1カ月の懲戒処分を受けた

 サラリーマン川柳には〈社の中に 松の廊下が あったなら〉というのもあった。どんなにひどい上司でも松の廊下とは物騒だ。〈「課長いる?」 返ったこたえは 「いりません!」〉程度で憂さを晴らすにとどめよう

 参考までに、上司に暴言を吐いた県職員が減給処分を受けた例が関東であった。50代の女性職員だった。所長や次長らの席に近づいて「ぼけなす」などと、多い日には10回前後も大声で言った

 話の枠を広げてもう一例。「悪代官」と批判された市長がいた。批判した前助役と3年前の函館市長選を争い、負けた前市長が発言の謝罪を求めて提訴した。今春の判決で敗訴した。時代劇になぞらえた悪口などは許容範囲、ということならば、これも参考になる。

春秋 西日本新聞 2010年8月2日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

地震の備え「天災は忘れたころにやって来る」・・・春秋 八葉蓮華

 「天災は忘れたころにやって来る」。物理学者で随筆家でもあった寺田寅彦が書き残した、とされた。そのままの言葉は著書にはない

 文明が進んでも災害への防御が一向に伴わない理由を寺田はこう書いた。「天災が極めて稀(まれ)にしか起こらないで、ちょうど人間が前車の転覆を忘れた頃(ころ)にそろそろ後車を引出すようになるからであろう」。要約してくだんの警句となったらしい

 随筆「天災と国防」に出てくる。関東大震災も例に引きつつ昭和9年11月に書かれた。9月に室戸台風に襲われた直後だった。室戸台風では関西を中心にシ者・行方不明者が3千人を超えた

 小学生に多くの犠牲者が出たことでも記憶される。校舎の倒壊がひどかった。寺田は筆を怒らせてこうも書いた。「小学校の倒(とう)潰(かい)のおびただしいのは実に不可思議である。ある友人は国辱中の大国辱だと云(い)って憤慨している」

 中国での一昨年と今春の地震による校舎倒壊は記憶に新しい。日本は大丈夫か。文部科学省は先週、公立小中学校の耐震化状況の調査結果を発表した。震度6強で倒れる危険性が高い校舎などは約7500棟を数える

 地震について寺田は「時の試練」を経ない新様式の学校などの被害を強調していた。試練は経たはずなのに危うい建物が今もそんなにあるとは…。地震の備えでは世界の先頭を行くと思われている国で、もし悲惨な被害を見るようなら、それこそ国辱ものだ。

春秋 西日本新聞 2010年7月31日
創価学会 地球市民 planetary citizen 仏壇 八葉蓮華 hachiyorenge

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。